上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車内のiPod-nano
今乗ってるタウンエースNOAHはカーナビ兼オーディオにCDドライブはついてるんですが、以前乗ってたオデッセイにつけてたCDチェンジャーと違って、一々CDを取り替えなきゃならない手間がとても面倒でした。

人間ってのは、楽な環境にはすぐ順応する

ほんとっすねー。で、一昨日買ったiPod nano+充電機能付FMトランスミッター。iPod nano(2GB)のカタログデータでは500曲入ります。CD40~50枚分。
りゅうがよく聞くCDなんて10枚程度ですから十分すぎる容量です。
りゅうの持ってるPDA(hp rz1701)はWindowsMediaPlayer9が入ってて、1GBのSDカードに曲入れて、電車移動の時にはそれで音楽聴いてました。
ってことは1GBでも十分。それの倍の容量。iPod nanoには4GBってバージョンもありましたが、これで十分(ヨドバシカメラのポイント残高では4GBは足が出る)。
FMトランスミッターは結構頭が良くて、通電するとiPod nanoの電源ON→再生開始。通電が切れると再生一時停止→2分後にiPod nanoの電源OFFしてくれます。
ひとつ心配だったのが、FMトランスミッターの漏電波。前のオデッセイにつけてたCDチェンジャーもFMトランスミッターだったのですが、アンテナ端子にトランスミッターの送波ケーブルを挟み込むようになってて、CDチェンジャーの電源が入ってるとFM全局のみならず、AMも聴けない状態になってました。
オデッセイのカーナビはVICSがついてなかったので、よかったのですが、NOAHのカーナビは3メディアVICS。FM-VICSの受信を邪魔されたら、元も子もないところです。

昨日、中学の試合に行く際に初使用。シガレットライターソケットにFMトランスミッター挿して、FMトランスミッターにiPod nanoを接続で設置完了。所要時間1分。

さて、エンジンをかけると説明書どおりにiPod nanoの電源が入り、一呼吸おいて再生開始。
車のラジオをFMに切り替えるといつも聴いているFM横浜の放送が普通に流れました。周波数をFMトランスミッターに設定している周波数にすると、シーン・・・
ボリュームをかなり大きくするとiPod nanoからの音楽が聞こえ始めました。FM-VICSもいつもどおり受信している様子。FMトランスミッターからの電波がかなり微弱なのと、車外アンテナがそれを受信しているので、アンテナ端子直結のようにはならないようです。
よかったv( ̄Д ̄)v

というわけで、NOAHの音楽環境は飛躍的に向上したのでした。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:オーディオ関係 - ジャンル:車・バイク

【2006/07/16 11:32】 | くるま トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トヨタ・タウンエースタウンエース(TOWNACE)はトヨタ自動車が1976年に発表したキャブオーバー型のワンボックスカー|ワンボックス車、および貨物自動車|トラックである。同社のトヨタ・カローラ|カローラのコンポーネンツを利用した、商用車|商用・乗用車|乗用両用車として
2007/07/30(Mon) 04:32:48 |  トヨタが好きなんだよね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。